DNA検査で5つの遺伝子を検査し、自らの体質を見極める

今まで多くの方がダイエットに挑戦し、挫折してきたのではないでしょうか?

巷にあふれる様々なダイエット法に一喜一憂し挑戦するも、中途半端なダイエットは効果が続くこともなく、リバウンドを繰り返し、結果的に元の体型よりさらに酷い身体になってしまう...

それではなぜリバウンドをしてしまうのでしょう?

  • それは、自分自身が持って生まれた本当の体質を知らずに、無理なダイエットを繰り返して来たからです。
  • LIVITOでは、DNA検査をVIPコースのお客様には無料で、スタンダードコースのお客様には有料で提供しています。
《検査によって判明する遺伝子のタイプは5種類》
○FTO遺伝子(9939609多型)
脂肪量及び肥満に関する遺伝子です。この遺伝子が変異することにより、新陳代謝を抑制し、エネルギーの消費効率を下げます。食べ物の選択とカロリー摂取量に影響し、本能的に高カロリー食を好み、過食しやすい傾向にあります。またこのタイプの人は、通常に比べて1回の食事につき約100kcalほど多く摂取することが分かっています。一般的な肥満に最も強く関連する遺伝子です。
○FTO遺伝子(1558902多型)
上記の遺伝子と同様に、脂肪量及び肥満に関する遺伝子で、最も肥満との相関がみられます。この遺伝子が変異することで、肥満になるリスクが通常に比べて約70%も高くなる、という報告もあります。食事の摂取や体型に大きく関与しています。
○ADRB3遺伝子
ADRB3は、脂肪細胞や腸・肝臓に存在します。インスリンの調整に影響し、ADRB3が正常に働くことで、脂肪の分解が促されます。この遺伝子が変異することで、脂肪の分解や熱産生が悪くなり、正常な人に比べて基礎代謝が約215kcal低くなります。内臓脂肪型肥満の人に多くみられます。
○UCP1遺伝子
UCP1は、脂肪の燃焼に関わる褐色脂肪細胞に多く存在しています。体内の熱産生を調整する働きをもち、UCP1が正常に働くことで、脂肪細胞が活性化され脂肪をどんどん燃焼します。この遺伝子が変異することで、脂肪の分解能力が低くなって体脂肪の蓄積につながり、基礎代謝も正常な人に比べて約85kcal低くなります。皮下脂肪型肥満の人に多くみられます。
○ADRB2遺伝子
この遺伝子は、ADRB3・UCP1の2つとは異なり、遺伝子が変異することで基礎代謝が増える遺伝子です。つまり、食べても太りにくい、ということになります。正常の人に比べて基礎代謝が約170kcal高くなります。ただし、たんぱく質も代謝されやすくなることで、筋肉が衰えてしまします。筋肉が衰えることで基礎代謝も低下し、痩せにくい体質になってしまいます。

DNA検査により以上の5種類の遺伝子を分析することで、肥満のタイプは243種類(大きく分けて10種類)に分類されます。 その結果、その人に最も合った運動方法やおすすめの食材、控えるべき食材や、詳しくは代謝の量まで知ることができます。

LIVITOパーソナルトレーナーは、LIVITO独自のデータに基づいて、お客様にとって完全オーダーメイドとなるダイエットプログラムを作成しています。
無料カウンセリング・体験のご予約はこちら(24時間受付中!)
お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
  • LIVITOライセンス店募集!
  • FCより始めやすい、独立開業を支援するプログラムです。
Follow us!
  • 友だち追加

Copyright © LIVITO. All Rights Reserved.

PAGE TOP