アミノ酸の役割 
私たちの身体に欠かせないタンパク質、その重要性はご存知だと思います。
タンパク質と一緒に見聞きするアミノ酸についてお話しします。
  • 私たちの身体を構成するタンパク質、実に身体の20%を占めています。
  • 筋肉や骨をはじめ、内蔵、肌、髪の毛、生命活動を維持するのに欠かせない栄養素です。
  • そのタンパク質はアミノ酸が2~数十個繋がってできたものです。
  • その繋がったものをペプチドと呼び、さらに、数百個以上のアミノ酸が繋がったものをタンパク質と呼びます。
  • タンパク質を構成する最小単位がアミノ酸なのです。
  • タンパク質は約10万種類あると言われており、そのタンパク質を摂取するとアミノ酸へ分解され、私たちの身体の中で使われます。
  • このタンパク質は20種類のアミノ酸の組み合わせによって作られています。
  • そして体内で合成できない必須アミノ酸(9種類)と体内で合成できる非必須アミノ酸(11種類)に分かれます。
  • ※合わせてコラムVol.08もご参照ください。
  • アミノ酸は不足すると身体の様々なところで不調が現れます。
  • ・アルギニン…免疫作用を維持する、免疫細胞の栄養源になります。アルギニンが不足することで免疫力の低下につながります。
  • ・グリシン…睡眠の質を高めてくれます。
  • ・質の良い筋肉を作り、保つのにもアミノ酸が必要です。
  • ・美しい肌や髪をつくるのもアミノ酸です。

  • 20種類のアミノ酸のうち、体内で合成できないため食事から摂取しなければならない必須アミノ酸。
  • そのバランスが崩れるとタンパク質の活用率が低下してしまいます。
  • 非必須アミノ酸も含め、どのアミノ酸が欠けてもタンパク質の活用率は低下してしまうので注意しましょう。
  • ≪必須アミノ酸の働きと種類≫
  •  
  • バリン・・・BCAAの一つでタンパク質の合成、分解を調整し筋肉のエネルギー源です。牛肉やマグロの赤身、チーズ、卵、ヨーグルトなどに多く含まれています。
  • ロイシン・・・BCAAの一つでタンパク質の合成、分解を調整し筋肉のエネルギー源です。中枢神経の疲労軽減作用があります。牛肉やマグロの赤身、チーズ、卵、ヨーグルトなどに多く含まれています。
  • イソロイシン・・・BCAAの一つでタンパク質の合成、分解を調整し筋肉のエネルギー源です。肝機能を高めてくれます。牛肉やマグロの赤身、チーズ、卵、ヨーグルトなどに多く含まれています。上記3つのアミノ酸はバランスがとても大切です。
  • メチオニン・・・タンパク質合成に必要なアミノ酸でカルチニンの合成に関与しています。マグロ、鶏肉、豚肉、豆乳などに含まれています。
  • リジン・・・細胞の修復、成長促進、肝機能を高めるなどの働きがあります。カツオやアジなどの魚、大豆製品などに含まれています。
  • フェニルアラニン・・・ドーパミンやノルアドレナリンの材料となるアミノ酸です。牛レバーやマグロ、鶏肉に含まれています。
  • トリプトファン・・・セロトニンやナイアシンの材料となるアミノ酸。うつの改善や老化予防にも効果があります。牛乳やチーズ、レバーやカツオなどに含まれています。
  • スレオニン・・・酵素の活性化や成長や代謝の促進、食欲増進などの効果があります。乳製品、大豆製品、牛肉や豚肉などに含まれています。
  • ヒスチジン・・・成長促進、神経機能のサポート、抗酸化作用や肥満予防にも効果があります。カツオ、マグロ、カジキなどの魚に含まれています。
無料カウンセリング・体験のご予約はこちら(24時間受付中!)
お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
  • LIVITOライセンス店募集!
  • FCより始めやすい、独立開業を支援するプログラムです。
Follow us!
  • 友だち追加

Copyright © LIVITO. All Rights Reserved.

PAGE TOP