夏バテしていませんか?~夏バテ予防~
お盆を過ぎ、少し涼しくなったとはいえ、まだまだ暑さは厳しいですね。9月になっても、夏バテの危険はまだ十分にあります。
みなさん夏バテしていませんか?
冷たい飲み物やアイスクリーム、冷房のきいた部屋に長時間いませんか?そんな生活をしているとだるさや疲労がたまり、次第に食欲も低下し、偏った食事に..夏バテ一直線ですね。
 
夏は汗をたくさんかき、運動をしていなくても、実は体力を激しく消費しているのです。暑さで疲れたからだを回復させようにも、食事がとれないがためにたまった疲労も回復することが出来ません。
水分ばかり摂りすぎてしまうと、逆にタンパク質やビタミン、ミネラルなどたくさんの栄養素が不足し、私たちのからだに支障をきたしてくるのです。
 
夏バテ対策をまとめたので是非参考にしてください。
対策
  • 夏場は基礎代謝が高まるので、多くのタンパク質を消費します。また、タンパク質の代謝に深く関わるビタミンB1も多く必要となります。
  • もし、夏バテになったら普段よりも栄養たっぷりの食事をし、身体を温めることが大切です。
  • 控えたい食べ物
  •  
  • ・冷たい食べ物、飲み物
  • ついつい飲み食いしたいですが、過度な摂取はNG。夏バテの時こそ身体を温めましょう。
  •  
  • ・甘いもの
  • 美味しいジュースやスイーツ、つい、食べたくなりますよね。
  • 食事の代わりに、という食べ方は、栄養素が不足するだけでなく、疲労がたまり夏バテも進んでしまいます。水分補給はなるべく水、またはお茶を摂りましょう。
  • スポーツ飲料のがぶ飲みは、糖分を多く摂ってしまうので気を付けましょう。
夏バテにきく夏野菜
  • 旬の野菜は栄養価が高く、美味しく頂けます。夏バテにきく野菜を紹介します。
  • ・トマト
  • 冷たいトマトは食欲を増してくれるので、夏バテに効果ありです。ビタミン類、水溶性食物繊維のペクチン、カリウムなど、栄養価が高いので食前に食べるのもいいです。
  •  
  • ・かぼちゃ
  • 栄養価も高く、夏バテの栄養補給として最適です。夏風邪の予防にも向いています。
  •  
  • ・枝豆
  • ビタミンB1やビタミンC、タンパク質を多く含む食材です。
  • 暑さに負けず、楽しく残りの夏を過ごしたいですよね。
  • 食事はもちろん大切ですが、睡眠や適度な運動、他にも色々なことを気を付けたいです。
  • まだまだ暑いので、夏バテだけでなく、脱水症状にも気をつけましょう。こまめな水分補給が大切です。
無料カウンセリング・体験のご予約はこちら(24時間受付中!)
お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
  • LIVITOライセンス店募集!
  • FCより始めやすい、独立開業を支援するプログラムです。
Follow us!
  • 友だち追加

Copyright © LIVITO. All Rights Reserved.

PAGE TOP