コンセプト:ダイエットするならプライベートジムの「リビト」

減量期の食事
  • 健康や美容のため、引き締まった身体になりたい!と思い、トレーニングを始める人もいると思います。
  • 日々のトレーニングの効果を最大限に引き出すには、やはり食事が大切ですね。
  • 目標によっては、増量、減量を設け取り組みます。今回は、減量期の食事についてお話しします。
  •  
  • 「減量」=「ダイエット」と思っている人は多いと思いますが、実は違うのです。
  • 「ダイエット」の本来の意味は、生活習慣を正し、身体機能を高め、体質改善をすることです。
  • 「減量」と聞くと、体重別の階級がある競技をイメージすると思います。トップアスリート(例、ボクシング)の減量は、競技(試合)前の計量をパスし、試合に勝つこと、他にも、見た目が重視される審美系の競技(例、ボディビルなど)は、最適な身体をつくり、ベストな演技をすることを目的としています。
  •  
  • 減量時の食事のイメージとして、「朝食抜き、昼、夜少なめ、炭水化物を抜いて、たんぱく質だけ食べる」と思っていませんか?
  • これまでにもお話しした通り、間違った食事はトレーニングの効果が表れないだけでなく、日常生活に支障をきたします。
  • ※糖質摂取についておさらい!Vol.2,Vol.3,Vol.7をチェック!
  •  
  • トレーニング時の減量は、炭水化物や脂質など、特定の栄養素を過度に制限したり、食事量を大きく減らしたり抜くのではなく、必要な栄養素をしっかり摂取し、今まで摂りすぎていた全体のエネルギーを減らすことがポイントです。
  • 高タンパク、低脂肪の食材を上手に組み合わせ、一日の食事全体のエネルギーを調整します。
食事のポイント

  • 1 たんぱく質の摂取量を把握し、良質なたんぱく質の摂取量を増やす
  • 摂取量が不足している場合、良質なたんぱく質の摂取量を増やします。
  • 赤身の魚(マグロ、カツオなど)、赤身の肉(牛肉)、卵、牛乳・乳製品、大豆・大豆製品の使用料を増やし、たんぱく質の摂取量を増やします。
  • ※たんぱく質摂取についてはVol.8をチェック!

  • 2 糖質もしっかり摂取する
  • ごはん、パン、うどんやそばなどの麺類をしっかり摂取することで、筋たんぱく質の合成の効率化を図ります。
  • 糖質摂取の重要性は、ご存知かと思います。エネルギー源である、糖質の摂取は忘れてはいけませんね。
  • ※糖質摂取についてはVol.2,Vol.3,Vol.7をチェック!
  • 3 間食を上手に活用する
  •  
  • 一日3食はもちろん基本です。しかし、一日に必要なエネルギー量を3回で賄うには、1食分がかなりの量になってしまいます。
  • そこで、間食を上手に活用し、食事回数を増やし、エネルギー摂取量を増やします。
  • 4 体組成の変化をチェック!
  •  
  • 体重の増加はもちろんですが、それ以上に筋肉量の増加が大切です。
  • せっかく、トレーニングで筋肉量が増えていても、体脂肪が増えては本末転倒ですよね。
  •  
  • 例えば、たんぱく質の摂取量は十分でも体重がなかなか増えない場合は、トレーニングの負荷が足りていなかったり、糖質が不足している可能性あります。
  • 食事内容を見直すことは、身体を見直すことです。筋肉量が増えたことをしっかり確認しましょう。
  • 分割プランご用意しました:ダイエットするならパーソナルトレーニングジムLIVITO(リビト)
  • リビト運営撮影イベント:ダイエットするならパーソナルトレーニングジムLIVITO(リビト)
  • フードコントロール:ダイエットするならパーソナルトレーニングジムLIVITO(リビト)
  • DNA検査で科学的なダイエット:ダイエットするならパーソナルトレーニングジムLIVITO(リビト)
入会のご案内:ダイエットするならプライベートジムの「リビト」お待ちしています。ダイエットするならプライベートジムの「リビト」
お問い合わせ・無料カウンセリング:ダイエットするならプライベートジムの「リビト」